NISAでマンションやシェールガス関連銘柄への投資

NISAは非課税で投資のできる制度で、個人投資家が対象となっています。買い付け代金に対して制限はありますが、売買益に対しても配当金に対しても課税されません。少額の投資をしたいという個人投資家にとっては魅力的です。手続きも簡単ですから、株式に投資をしたいという個人投資家の多くがNISAを利用しています。もしも欲しい銘柄があるのなら、NISAで投資をするのは良い方法でしょう。

例えば、最近ではシェールガスが実用化されたことによって、世界の産業構造は少し変化しました。簡単に言うと、エネルギー価格が安くなったことで、いろいろな銘柄に影響を与えたのです。シェールガスを生産する企業も増えましたから、積極的に投資をするのも良い方法ですが、それに関連する企業に投資をすることで恩恵を受けることもできます。

投資といえば、シェールガス関連の株式などに投資をする方法もありますが、長期的に見てマンションを保有したいと考える方もいらっしゃるでしょう。マンションを保有することによって、安定した賃料収入を得たいと考える人は多く、そのために収益用のマンションが多く販売されています。ただ、流動性リスクは大きいです。

シェールガス関連の銘柄に投資をして、見込みが甘くて利益が出なかった場合には、安値で売却しなければならないこともあります。もしも倒産した場合には、投資した資金が全額なくなるのが普通です。しかし、それ以上の損失はありません。ローンを組んでマンションを取得し、そして運用がうまく行かなかった場合には、マンションを手放した上でローンが残ると言ったこともあり得ることでしょう。これが最悪の状態です。それに比べれば、株式投資のリスクは小さいと考えられます。